FC2ブログ

のほほん家族@さいたま

アラフィフ♂長距離トラッカーのブログ。最近は趣味について書くことが多いです。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

金管バンド卒業 

昨日をもって、長女の3年に渡る金管バンドの活動が無事終了しました

土曜日の「6年生お別れコンサート」に出演して、とりあえず本格的な活動は終わり。

まだ今週、来年度の新入部員を募る勧誘活動は残ってますが、主役は現5年生。

6年生はお手伝い程度にとどまります。

金管の活動、振り返ると長かったような短かったような・・・



100221 001

長女も担当したことがあるハイハットシンバル。


長女は通常よりも1ヶ月ほど遅く、4年生の5月に入部しました。

最初は金管楽器を希望していたものの、人数が少ないパーカッションに補充されることに。

昔趣味でドラムを叩いたことがある僕にとっては、結構嬉しかったですね

本人は渋ってましたけど、「パーカッションはコンサートで目立つぞ~」とノセたところ、
徐々にやる気を出すようになりました。

それに加えて、上級生達がよく可愛がってくれたおかげで、楽しく覚えられたようです。



5年生に上がると、漸く希望通り金管楽器のコルネットを担当することに。

小さいトランペット風のこの楽器、長女はかなり頑張って高い音も出せるようになりました

顧問の先生に褒められたりして、本人も自信がついたようです。



100221 002

長女が一番多く触れていたスネアドラム。

最終学年の6年生になり、本人は悩んだ末、またパーカッションに戻ることに。

4年生中心の編成で上級生が手薄だったので、経験者の長女に白羽の矢が立ちました。

悩む長女に「もしかしたらコンサートで花形のティンパニーやれるかもよ~」とまた囁く僕

意を決してパーカッションに復帰して、長女はパートリーダーになりました。

コンサートでは念願のティンパニーを叩くこともできました。



トータルで振り返ると、金管の活動に参加して良かったんじゃないかな~と思いますよ

真剣に打ち込めたし、なにより友達が沢山できたしね。

「お別れコンサート」で誰も泣かなかったのは、クールな現代っ子の特徴なのか、
充実した活動に満足した結果なのかは神のみぞ知る、ですね



100221 003

夕方の散歩時、暗くてブレブレですが、梅の花がだいぶ咲いてました~

開花予報によると今年の埼玉はあと1ヶ月ほど経つと桜が咲くようです。

桜といえば入学式ですが、今年は卒業式に桜になりそう。

このところ年々桜の開花が早まって、入学式は趣が無くなってきてますな~

スポンサーサイト



テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top